公開履歴
葉の上にあるカプセル

低用量ピルと聞くと、避妊のための医薬品を思い浮かべる人も多いものですが、現在の日本では、生理痛に悩む女性の多くに処方させる医薬品の1つでもあります。
特に、生理痛がひどい人の場合、痛み止めでのコントロールも難しく、日常生活に支障を来たすこともしばしばです。
そんな人に、低用量ピルは効果的な医薬品になっています。
では、低用量ピルが生理痛に効果がある理由について紐解いていきます。

まず、生理痛の仕組みから説明します。
生理になると、子宮内膜の中に、子宮の収縮を促すプロスタグランンという物質が含まれるようになります。
この分泌が激しくなることにより、子宮の収縮が強くなり、痛みを引き起こす原因になると考えられています。
そこで、生理痛の痛みを軽減してくれる効果のある低用量ピルには、エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンに類似したホルモンが含まれています。
この2つのホルモンの働きによって、子宮内膜の増殖を抑え、プロスタグランジンの量も減少します。
その結果、生理前後の痛みや出血量も少なくなることが分かっています。

また、低用量ピルを服用すると、生理痛の症状を軽くしてくれるだけでなく、子宮内膜症の予防や改善にも効果があり、また、卵巣がんや子宮体がんの発生率を減らす効果も認められています。
さらに、ニキビなどの吹き出物を改善する効果もあり、美肌に導いてくれます。
このように、様々な女性の悩みを改善してくれる効果のある低用量ピルはネット通販などでも買えるので時間の無い人でも手に入れることができます。
手軽に自分にあった低用量ピルを選択することができ、様々なネット通販会社を比較することで、手頃な価格で購入することもできます。